私の運命を変えるレーザー脱毛
2019年6月3日

レーザー脱毛の種類とメリット

肌の露出が増える夏が近づくと多くの女性が脇や腕、足などのムダ毛処理を行うために脱毛サロンなどへ通う方が多くなります。

以前は針脱毛が施術の主流となっていましたが、現代ではレーザー脱毛が主流となっているようです。歯科や眼科、皮膚科などの医療現場でレーザーによる治療が行われていますが、レーザー脱毛はこの中のひとつでもあります。ですから、レーザー脱毛は医療としての脱毛ということになるため、脱毛サロンでの施術よりも効果的な脱毛を可能にして、安全で痛みが少ない脱毛を実現してくれるのです。

日本で行われているレーザー脱毛を分類すると大きく分けるとダイオードレーザー、ロングパルスヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、G-MAX、ライトシェア・デュエットといった6種類のレーザーを使用する方法になります。ダイオードレーザーは照射できる範囲が広いため短時間で効率よく脱毛することができます。ロングパルスヤグレーザーはレーザーエネルギーがより深い部分まで届くため濃い毛の脱毛に効果を発揮します。

アレキサンドライトレーザーは皮膚を冷却しながらレーザーを照射することから痛みが軽減されます。YAGレーザーは日焼けした皮膚にも使えるレーザーとなっています。G-MAXは皮膚への影響が少ないためデリケートな肌の人や日焼けをした人でも安心して治療が受けられます。

ライトシェア・デュエットは皮膚を吸引で伸ばして毛のメラニンだけを選んでレーザー照射ができることから、効果的な脱毛作用が得られます。このようにどのレーザー脱毛にもメリットがあるのですが、いずれの場合も痛みが少なく安心・安全に脱毛の施術を受けられるという利点があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *