脱毛施術の痛みの違いについて

脱毛施術を行っている施設としては、サロンとクリニックがありますが、両者では痛みに違いがでます。

クリニックとサロンで痛みに差がある理由は、照射する光が違うからです。クリニックで行われている脱毛施術は、医療レーザーを使用しているために、出力のレベルが高く、照射している光の種類もサロンのものとは異なります。クリニックではレーザーによる脱毛をしており、サロンでの施術は光脱毛が主流です。レーザーは単一の波長の光を当てて、熱によって毛根を破壊する能力があります。サロンで使用されている光は、複数の波長によるもので、広い範囲に光を照射しているために痛みが少なくなります。

痛みが弱いほうが良いと感じている人であれば、サロンで施術を受けることになります。出力が弱いために効果が低くなることや、施術の回数が増えてしまいますが、その分痛みが小さくなります。クリニックのレーザー施術は、出力が高くて痛みが強くなりますが、その分高い効果を得ることができますので、処理にかかる時間が短くて済みます。

クリニックによっては、痛みを和らげるためのクリームや、麻酔が行われているところもありますので、カウンセリングの段階で、痛みを軽減するための方法が用意されているかどうか確認しておくようにしましょう。また、痛みに関しては施術を受ける部位によっても感じ方が変わってきます。一般的に痛みを感じやすい部位として知られているところは、ワキやVIOなどのような毛が密集しているところと言われていますので、これらの部位の脱毛をするときは、痛みが弱いサロンに行くという方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *