永久脱毛の定義とその種類

永久脱毛というと、永遠に効果が持続する脱毛方法であると思っている人は多いですが、実は定義上では永遠に効果が持続するというものではないことをご存知でしょうか。

米国電気脱毛協会の定義によると、「最終脱毛から1ヶ月経過した時のムダ毛の再生率が20%以下である」ような脱毛を永久脱毛と呼ぶとされています。つまり確実に永久に脱毛効果が続くことを意味しているわけではありません。しかし、現在この永久脱毛として認められている脱毛方法の多くは、非常に長い脱毛効果があるということがわかっています。

永久脱毛とみなされている脱毛にはいくつかの種類があり、その代表的なものが医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛です。この二つはメカニズムが似通った脱毛方法で、それぞれレーザーとフラッシュを使用して毛根にダメージを与え、細胞を破壊することで脱毛効果が現れるというものです。いずれも開発されて利用されるようになってからの歴史がまだ浅いため、具体的にどれほどの期間効果が持続するのかということに関してははっきりとわかっていません。しかし、被験者の大半は1年以上~十数年という非常に長い期間に渡ってムダ毛の再生がない状態であることがわかっており、ほぼ半永久と言って間違いない効果があると考えられています。実際に永久性を検証するためには何十年という長い時間が必要になりますので、その時点までは確実に永久性があると言い切ることはできませんが、永久に次ぐ長い効果の持続性があることに違いはないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *