脱毛で永久に処理する行為は毛乳頭の破壊

永久的に脱毛するためには、毛乳頭を破壊する必要があります。毛乳頭のある毛母細胞に刺激を与えることで、永久的に生えてこない状態にできるのです。毛乳頭を破壊しなければ、ムダ毛は再び生えてくるので永久的に処理が終わりません。自己処理と呼ばれる方法はすべて、毛母細胞に刺激を与えることができません。

サロン脱毛の場合はある程度のダメージを与えることで、ムダ毛を薄くすることができますが、完全に破壊できるのは医療脱毛だけです。ムダ毛の処理には時間がかかりますが、これは毛周期が関係しています。見えているムダ毛を処理しても、再び異なる毛が生えてくるのです。体毛が濃いと悩んでいる方でも、見えているムダ毛はたったの3~4割程度なのです。

残りの6~7割は皮膚の下にあるので、目視で確認できません。これらを処理していくことで、肌が奥底から白くなっていくのです。ムダ毛をワックスなどで毛根から処理したことがある方なら、再び生えてくる瞬間に肌の黒ずみが気になることでしょう。毛が皮膚の近くまで伸びてくることで、全体的に肌が黒く見えてしまうのです。

皮膚の下に眠っているムダ毛も完全に処理したとき、肌本来の白さを取り戻せるのです。子供時代のようにスベスベで白い肌には、視覚的な美容効果もあります。どんな美容商品を使用するよりも、肌質自体を整えていく効果にはかないません。毛周期に合わせて処理したい方は、脱毛サロンやクリニックがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *