医療とエステ脱毛の違い

人の全身にはありとあらゆる場所に毛が生えています。特に女性の場合、脇や腕、足などの毛を懸念する人が多くいます。脱毛には、毛の根元にある細胞を破壊する医療脱毛と、細胞に少しダメージを与えるエステ脱毛があり、医療レーザーを使用することは医療行為とされるため、医療機関でしか受診できません。毛は一回通ったからと言って、全てなくなり生えてこなくなるという訳ではありません。

全ての毛が生え変わるスピードを考えながら、スケジュールを組み地道に行っていく必要があります。毛には毛周期といわれるサイクルがあり、毛周期は部位によって様々です。医療脱毛の場合、この毛周期の見極めを医師にカウンセリングしてもらうことが出来るため、効果が出やすいと言われています。医療レーザーを使用すると、2~3ヵ月間隔をあけ5回ほど通うと半永久的な効果を実感することが出来ると言われています。

一方、エステサロンで行った場合、一回の効果が低く医療レーザー施術よりも多く通う必要があります。基本的に10回以上通うとやっと毛が目立たなくなると言われていますが、完全に毛根の細胞を破壊することが出来ないため、人によっては時間がたつとまた生えてくるといったことも考えられます。脱毛には火傷などのリスクが伴うことを忘れてはいけません。レーザーは黒色に反応して熱を変換するので、日焼けで黒くなった肌に反応してしまう可能性もあります。

また、ニキビができやすい体質の人も注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *