家庭用脱毛器の種類と特徴の違いについて

ムダ毛を自宅で簡単に処理できる機器として、家庭用脱毛器が販売されています。脱毛というと最近ではサロンやクリニックに通う人が増えていますが、家庭で処理できれば経費を大幅に節約することにつながります。家庭用脱毛器を選ぶときには、いつくかの種類のものがあるのでそれぞれの特徴を把握してから購入することがおすすめです。一番古い歴史を持っているものがレーザー式と呼ばれている機器で、ムダ毛にレーザーを照射することで、メラニン色素に反応しますので熱を加えることで毛根を処理できます。

従来は美容クリニックなどの医療機関で使用されていたものですが、家庭用として安全に使えるように出力を下げて販売が行われています。レーザー式は高い効果が得られる反面として、痛みを感じてしまうという特徴もあります。フラッシュ式の脱毛器も販売されており、サロンで使用されている種類のものとなります。レーザー式と同じようにメラニン色素に反応する光を照射することで、毛根の細胞にダメージを与えることでムダ毛の処理が行えます。

フラッシュ式の特徴は、レーザー式よりも痛みが小さい点が挙げられます。照射する面積が広いために、1回の使用で広い範囲のムダ毛処理ができる点も特徴と言えます。サーミコン式と呼ばれる機器も登場しており、本体にムダ毛を引き込んで熱を通すことで焼き切ることで処理を行います。熱が直接的に肌に触れることを防げますので、処理をしているときに痛みを感じることが無い点が特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *