医療脱毛施術の仕組み

医療脱毛とエステなどでの脱毛はどう違うのか、施術を受けようと考えた方の中には気になっている方もいるでしょう。その違いを知るためにも医療脱毛施術の仕組みを把握することが大切です。医療脱毛は、まず医療用レーザーを使用して脱毛施術を行っていきます。このレーザーは、皮膚の中にある発毛を司っている毛母細胞を直接破壊することが出来るため、発毛力を下げていくことに繋がります。

これを繰り返すことで、毛が生えてこない状態をつくっていくのです。エステなどでは、毛母細胞に直接届くほど強い出力での施術は出来ませんので、脱毛効果には大きな違いが出てくるといえます。どのくらいの違いがあるのかというと、エステなどの場合は一つの部位に対して効果を実感するまでに12~20回程度、施術を受ける必要がありますが、医療脱毛の場合はその半分から4分の1程度の3~6回程度で終わります。ですので、一つの部位だけであれば1~3か月程度で施術をすべて終えることが出来るのです。

ただし、知っておかなければいけないのが上記のように脱毛効果が高いということは、皮膚へのダメージも少なからずあるということです。そのため、基本的に医療脱毛では施術の最中に火傷が起こらないように冷却処分などの処置を行いながらすすめられていきますし、痛みがあるような場合は麻酔を用いることもあることを知っておきましょう。このように脱毛施術の仕組みを知ることでエステなどでの脱毛とはかなり異なることが分かるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *