医療脱毛と生理について

医療脱毛はクリニックで受けられる脱毛です。医療脱毛は生理の時には受けられないことがほとんどなのですが、施術箇所によっては問題なく受けられることもあります。脇の下や腕、脚などは生理とは関係ありませんし、脱毛を続けたいという人も多いでしょう。しかし、生理中は肌が敏感になっており、医療脱毛による痛みを強く感じてしまうこともあります。

普段は問題なくても火傷などの肌トラブルが起きやすくなっているので注意しましょう。デリケートゾーンの脱毛を契約していたけれど生理になってしまった場合、時期をずらして施術を受けることもできます。もちろんクリニックによって対応が異なっているため、カウンセリングの時などにしっかり聞いておくと良いでしょう。全身脱毛で契約している場合、生理の時は施術パーツを変えてくれるクリニックなども多いです。

良心的なクリニックでは施術できなかった部分だけ後で施術を受けられるので安心でです。キャンセルのルールはクリニックによって異なっていますし、中にはキャンセル料がかかってしまうところもあるので注意しましょう。生理不順の人はいつ生理になるか分かりませんし、体調不良などが原因で生理がずれてしまうこともあります。そこで生理の時にも柔軟な対応をしてくれるクリニックで医療脱毛を受けた方が良いでしょう。

当日予約ができるクリニックなどは利用しやすいですし、空いた時間などに電話をして気軽に予約を取れることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *