千葉県内での市民葬による葬式

by:

ビジネス士業請求代行

葬式を出すにあたっては、多額の費用がかかるのは常識となっています。

しかし、たとえば生活保護世帯など、経済的に困難をきわめている世帯では、そのような金銭的な余裕はないため、実際に葬式をすることが必要になったとしても、なかなかもいどおりにはいかないものです。

そこで、千葉県内のいくつかの自治体では、市民葬とよばれる制度をもっているところがあります。市民葬というのは、葬儀をできるだけ低廉な価格水準に抑えるために、祭壇などのプランを統一したものを指しています。

一般には、葬式として最低限の内容だけを盛り込んだものとなっていますので、御棺、骨壷、遺影、小規模な祭壇、会葬御礼用のハガキなどはセットとして含まれていますが、そのほかは省略されています。また、自宅から火葬場までの霊柩車による搬送の代金などは、含まれいる場合と、そうではない場合がありますので、このあたりの詳細は、葬祭業者に確認をしたほうがよいでしょう。

千葉県内でも、市民葬としての制度をもち、行政で周知をしている自治体は、それほど多いわけではありませんので、住んでいる自治体への確認も必要です。

もしも市民葬としての制度がない場合であっても、生活保護の受給世帯であれば、生活扶助のなかで、葬祭の費用を公費で負担してもらえることがあります。こちらも市民葬と同等のプランと考えてもよいものですが、実際にこの形式での葬儀をする場合、千葉県内の管轄の福祉事務所に相談をしておくことが必要です。

ブラックフォーマルについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です