千葉県の葬式について

by:

冠婚葬祭喪服葬儀・葬式

千葉県は東京のベッドタウンとして急激に人口を増やしている県です。東京へ通勤している人も多いのが特徴です。お葬式の特徴としては、千葉市のような大都市と房総半島にある地域とは火葬を行う日が違うと言うことです。千葉市などでは、他の地域と同様に葬儀後に行うのが一般的ですが、房総半島地域では葬儀の前に火葬を行うことが一般的です。

また県内では、近隣住民が葬式班や葬式組として葬儀を手伝うことが今でも行われています。また故人が長寿を全うした場合は、長寿銭といって5円玉に紐を通してポチ袋に入れて参列者に配るという風習も残っています。香典返しを現金で行うという他の地域では見られないようなことも行われています。こういった千葉県のお葬式が近年変わりつつあります。

従来のように近隣住民に手伝ってもらうような規模の葬儀ではなく、家族葬を選択する人が増えています。家族葬とは文字通り、故人の親戚などごく近しい人のみの少人数で行われる式です。核家族化が進み、子供たちが近隣住民とほとんど付き合いが無い場合等は親世代が葬儀の際に子供たちが負担になるだろうと考えて家族のみの小さな葬儀を選んでいることも要因に挙げられます。また従来は、参列者の多くを占めていた会社関係の人たちも長寿社会になり退職して十数年たっていると付き合いもなくなり自然と参列者が減っている傾向も考えられます。

千葉県は様々要因により今後家族葬を選択する人が増加するでしょう。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です