一般的な通夜・葬式の流れ

親族等が亡くなると、通夜葬式を営む為に、その段取りにバタバタすると共に、非常に不安になるものです。参列する機会は多くても、営む機会は少なく、これは当然です。こうした不安を少しでも払拭するためには、通夜・葬式の流れの概要を把握して置く事も有効です。こうした流れについて、概要を記述したいと思います。

親族が病院等で息を引き取れば、ご遺体は病院の霊安室に移され、そこで看護師の手によって身体を拭いてもらい、仮安置されます。しかし、この病院の安置室にはいつまでも安置して置く事が出来ず、できるだけ早期にご遺体を葬儀会館等に移す事が求められます。ここでバタバタしない為には、できれば高齢者が元気な間に、親族間でどのような規模の葬式を営むかのイメージ合せを事前にしておけば、比較的スムーズに業者さんに連絡・手配できます。葬儀社に連絡すれば、ご遺体を病院から搬出し、会館の霊安室に移されます。

その上で、業者さんとの間で、お寺さんの都合、焼場の空き状況、会館の空き状況等を勘案し、通夜・葬式の日程を決めます。日程が決まれば、連絡すべき親族や友人・知人に連絡を入れると共に、業者との間で、数ランク用意されている祭壇や棺等の葬祭に必要な品々を決定します。この時に、見栄を張る事無く、自分達の考えをしっかり伝える事が必要です。この際に、業者さんの意見に流されると、思わぬ費用になってしまう事があるので注意が必要です。

こうして大枠が決まれば、通夜・葬式に向けて業者さんがテキパキと準備を進めてくれます。焼香順や参列者に対するお礼の言葉をどうするか等、細かい事を決める必要もありますが、こうした点は業者さんと相談して進めれば問題なく、心配する必要はありません。こうした流れを知り、少しでも事前準備をし、不安を払拭される事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です