良い葬儀関係者の選び方

by:

マナー冠婚葬祭喪服

葬儀関係者は大きく分けると、葬儀社、生活共同組合(生協)、自治体、の3種類があります。葬儀社は専門業者で、全体の約半数以上が利用しています。中規模~大規模の業者がほとんどで、地元密着型の経営をしています。葬儀の内容ほとんどの面倒を見てくれるのが特徴です。

生協は、生活共同組合の組合員を対象にしているサービスです。一般よりも1~2割安い料金で行うことが可能です。式そのものを行うのは葬儀社や互助会です。式の料金体系が明確になっているのが特徴です。

農協(JA)などがこれにあたり、農村地区の組合員がよく利用しています。自治体は、全国の自治体の半数以上が福祉サービスとして行っているものです。規格が設けられており、安価に行えるのが特徴です。受けられるサービスは自治体によって異なるので、そこは注意が必要です。

東京では死亡届を出す時に遺骨収納券や火葬券がもらえて、指定された業者を利用するとこの券を使って規定料金でサービスを受けられます。依頼先を決める時には、まず故人が生前契約していればそれに従います。特別決めていなかったのであれば、遺族が決めます。亡くなってから式を迎えるまでの日程はシビアなので、時間がないということで慌てて選んでしまいがちですが、そうするとあまり良い担当者に当たらず、納得のいく式ができなかったということになりがちです。

辛いかもしれませんが、身内の死が近いと予測されるのならば、早めに依頼先を決めておくのも一つの方法です。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です