葬儀の時の喪主のあいさつ

by:

マナー冠婚葬祭喪服

通夜から葬儀にかけては、遺族が参列者に対してあいさつする機会が多くなります。基本的には喪主がおこないますが、喪家の中で話すのがうまい人がいれば、その人に代役してもらっても良いです。特に喪主が高齢者の場合には、人前で話すのが苦手というケースが多いので、若い人が代役をしても良いでしょう。あいさつには決まった形はありませんが、参列者や協力してくれた方々に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

また、自分の中にある故人への気持ちを言葉にして伝えることも大切です。本来は通夜の時には喪主あいさつはありませんでしたが、最近では通夜が告別式を兼ねるような形になっているために、弔問客に対してあいさつすることが多くなっています。告別式の最後、出棺前、葬儀後の法要の席で喪主があいさつするのが一般的です。あいさつは立派でなくても良いです。

ただでさえ大切な人を亡くしたばかりで気が沈んでいるはずですから、短くても良いので参列者への感謝と故人への気持ちを短くても良いので、自分の言葉で伝えるようにしましょう。かえって形式ばらないほうが、気持ちは伝わります。故人にとっても、その人の言葉で伝えてもらったほうが嬉しいでしょう。入れておきたい内容は、参列者へのお礼、生前故人がお世話になったお礼、故人の思い出、故人の最後の様子(入れなくても良い)、決意や支援のお願い、です。

葬儀のあいさつは喪主にとってかなりのプレッシャーになりますが、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です