現代の葬儀傾向について

今は葬儀も多様になりました。昔は家で葬式を行うことが多く、門の前に花輪があると、その家の人が亡くなったということであり、全然見知らぬ家でもお葬式を行っている、ということがわかったものでした。今は、葬儀というと、斎場で行うことが多くなり、家で行われることも少なくなりました。人が亡くなると、式場に連絡を入れると、係りの人が来てくれて葬儀の打ち合わせに入ります。

式に呼ぶ人数や棺桶の大きさや花輪の数、式を行う前、家族が亡くなった家族を洗ってあげて、白装束を着せるといった形式の何から何までを式場の係りの人が打ち合わせを取り行い、決めて行き、それにのっとって進めればいいので、何から何までを任せていれば心配することもありません。葬儀が終わった後の会食といったものも、家で式を行うとなれば家の者が用意しなければならなく、てんぷらや寿司などを用意するのも大変でしたが、それも任せてしまうことができます。式自体も斎場で行うことは昔と比べると容易くなりましたが、式自体の形式も多様になりました。親族、知人、友人、会社や近所の人を呼ぶといった往来のものの他に、近親の身内だけで行う家族葬や密葬、または樹木葬や散骨といったものもあります。

形式も多様になった分、どのような式にしたいのかは、予め生前に話してみてもいいのかもしれません。葬儀は残された者が故人を偲ぶものですが、亡くなってしまったのだから故人には関係ないというものでもないはずで、故人の意思を尊重すべきものでもあるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です