葬儀社との打ち合わせの様子

by:

マナー冠婚葬祭喪服

葬儀社と打ち合わせを行うのは、遺体の安置後です。遺体は自宅かもしくは葬儀社の施設に安置することになりますが、最近では場所の関係上、葬儀社の施設を利用する人が増えています。喪主は悲しみで打ち合わせなんて考えられないかもしれませんが、しっかり決めておかないと後でトラブルになる可能性もあるので、着実に準備を進めていくことが大切です。書類で確認する他に、喪主以外に何人かの親戚を呼んで連絡事項を確認しておくようにしましょう。

一人だと言った言わないのトラブルになりがちですが、複数人いればトラブルを回避することが出来ます。もし親族が集まれない事情があれば、信頼できる友人や知人に立会人を頼んでおきましょう。不明な点はその場でしっかり確認して、疑問点を残さないことが大切です。打ち合わせの流れは、以下のようになります。

まず予算を伝えて見積書を取り、おおよその料金を確認します。次に受付係、供物や供花、席次、焼香動線、料理の内容を確認します。司会役や式の進行を誰が行うかもここで決めます。火葬や火葬場への同行者の確認、心づけの費用の確認をして、用意します。

決めることがありすぎて頭が混乱するかもしれませんが、その場合にはそれぞれの係を決めておくと良いでしょう。喪主一人だけではとてもやりきれない量なので、複数人で決めることが大切です。特に料金はトラブルになりがちな事項なので、不明点は絶対に残さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です