自然葬に関心が集まる理由と現状

日本では、40年続いている少子高齢化が世界に類を見ないスピードで進み、中山間地域や離島を中心に地方では65歳以上の高齢者が総人口の過半数を占める限界集落や限界集落を超えた超限界集落、消滅集落が急激に増加し、先祖代々の墓の管理や祭祀継承が行われ無い為に無縁仏や墓じまいが増えています。又、人口が集中する都市部では、長く続く経済不安に影響による未婚率の上昇や若者の晩婚化などによる少子化問題やパーマカルチャー、エコロジー、ロハスなど自然思想の高まりにより、従来の死生観や宗教観に大きな変化が生じ、自然葬への関心が高くなっています。日本では、2011年の東日本大震災の際に例外的に自衛隊や地元民の手により多くの遺体を土葬していますが、昭和23年に制定された墓地、埋葬等に関する法律により土葬などの自然葬は違法とされ、原則として火葬が義務化されています。しかし、しかし、1991年10月に葬送の自由をすすめる会が散骨による自然葬を強行した事により、当時の厚生省と法務省は衛生と節度を守れるならと黙認する見解を明らかにしています。

その後、1999年11月には、自然環境の維持保全の名目で岩手県一関市で日本初の里山型の樹木葬が行われ、現在では日本各地で樹木葬用の墓地が造成されています。しかし、自然葬に対する先入観や偏見が多く、用地の確保の為の近隣住民の同意や親族の同意が得られず、実際に自然葬を行う遺族は多くありませんが、確実にその数は増加しています。ブラックフォーマルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です