樹木葬についてのこと

近年葬儀のひとつとして注目されているのが、樹木葬になります。樹木葬とは、文字通り花や木など樹木を墓碑代わりとした埋葬の形になります。樹木葬の形はいくつかあり、シンボルツリーの下に骨壺を収納するタイプや好きな苗木を選んで植樹して埋葬するタイプ、指定墓域の自然の里山に散骨するタイプなどの方法があります。いずれも自然環境に配慮していることが特徴です。

このような埋葬の仕方は、自然に帰りたいという思いが増えてきているほか、核家族化や少子化によってこれまでの家系を重んじた墓の管理体制が維持できなくなってきたためと考えられています。墓石を立てる必要がないため檀家に限るという条件が無く、以前の宗派や宗旨を問わずに申し込めることができるのもメリットと言われています。ほかにも、ペットや血縁関係のない友人同士で同じ区画に眠ることができます。また、墓地を購入して墓石を立てるとなると一般的に費用は200~300万円が相場と言われています。

しかし、樹木葬では30~70万円ほどが相場と言われており、ずっと費用を抑えることができるようになるのです。このような埋葬の形をとる場合に必要な注意としては、骨壺で納めるタイプでないものは一度埋葬してしまうとお骨を取り出すことができない、地方で行なわれていることが多く都会から遠い、新しい供養の方法のため親族の理解を得られない可能性もあるなどが上げられます。行ないたい場合には、しっかりと生前に意思表示を行なって行なうことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です