海洋葬は自然に還る葬儀方法

葬儀を行って火葬をしたら遺骨はお墓におさめたり、お寺に預けるのが一般的ですが、近年は散骨を希望する人が増えています。お墓に入りたくないという人やお墓を持っていない、お墓を維持するのが大変だという様々な理由があります。散骨は、山や海で行うことが多いですが、自然の中に遺骨を撒くことで、植物や動物と同じように人間も自然の中に回帰するという考え方で行われています。海や川で散骨することを海洋葬と呼びますが、どこでも散骨していわけではありません。

散骨は人の遺骨ですから、人の目につく場所で行うと嫌な気持ちになる人もいます。人に迷惑をかけないように、散骨するときは人目につかない場所で行う必要があります。海洋葬を行いたい場合は、海の沿岸でするのではなく、沖に出たところで行うことをおすすめします。陸から離れた場所に行くときは、海洋葬のサポートをしている業者はいくつかありますから、依頼して船やクルーザーに乗せてもらって連れていってもらいます。

専用クルーザーを貸し切りすることができますので、お坊さんにも一緒に乗船してもらいお経を唱えてもらいながら、遺族が散骨します。散骨するときは、遺骨をパウダー状に細かくする必要があります。これも周囲の人に迷惑をかけないようにする配慮の1つで、自分で行うこともできますが、ためらわれる場合は業者に依頼すれば専用の機械を使って遺骨を加工してもらうことができます。散骨した後、故人と会いたいと感じたら墓参りと同じように海洋葬を行った場所を訪れるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です