葬儀に必要なオプション料金

葬儀を依頼すると、様々なプランやオプションを薦められます。葬儀を行うのに必要な物品やサービスをセットにしたプランが多数提示されますが、素人がそこに並べられたオプションの数々を見て、どれが必須でどれが不要なのかを見極めるのはなかなか難しいでしょう。一般的に示されるオプションの具体的な内容や、名称、かかる金額について少し知っておくと準備に役立ちます。まず、ご遺体の搬送、安置場所、斎場利用料・火葬料、式に必要な物品一式は基本セットに含まれている事を確認してください。

これらは必須の物なので、基本料金に含まれていない場合は後から追加として料金に加算されます。オプションはその後の話です。追加のオプションとして挙げられるのは、ご遺体を綺麗にしてもらう「湯灌」、ご遺体の損傷が激しい場合や、長期の保存が必要になった場合の「エンバーミング」処置、その他葬儀の看板や受付用のテント、筆記用具などの道具もあります。テントや筆記用具で何万円もかかりますので、出来る限り準備できる物は自前で揃えたいところです。

思わぬ追加請求を受けない為にも、見積書と請求書の書き方を細かくチェックし、合致しているかを確認するようにしましょう。適切なプランやオプションを利用するには、業者の対応の質も関わってきますが、一番大事な事は、葬儀社にこちらの予算と希望を伝えておく事です。故人や家族がどういった葬儀を希望しているのかを打ち合わせた後、基本プランと各オプションの必要性を念入りに確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です