葬儀の料金は何をしたいかで決まります

葬儀というものは、生活の中で親族がいる場合には切り離すことができないものです。しかし、高い料金がかかるというイメージがあることも確かです。最近では、葬儀にお金をあまりかけたくないという考えや、お金をかけることができないという場合もあります。どちらの場合でも、やはり気になるのが葬儀に関係する費用問題です。

今は、安くする場合には通夜や告別式をせずただ、火葬をするだけのものもあります。こちらの場合なら、約15万円くらいですることはできます。やはり、親族の葬儀はしておきたいと思うなら家族葬がおすすめです。こちらも、参列者が親族だけと限定されるので料金は式後の食事などを入れても100万円以下でできます。

このように、多様化していますが大切なことはお金ではなく故人のために何ができるかです。今までの感謝を込めて、お別れをするのが葬儀の本来の役割です。家族として、今できることをすることが故人には嬉しいことです。無理をする必要はなく、できる範囲でお金を使うことが大切です。

今は、生前に予約をすることもでき、自分でしたい演出も依頼することはできます。残された家族が、慌てないように事前の予約しておくことも一つのやり方です。確かに、楽しいことではありませんが、最後のお別れなので後悔をしないように考えることも大事です。気になる料金も、今は相談をすることもできます。

支払いもクレジットカードが、部分的に使用ができる会社や、ローンができる会社もでてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です