最近の葬儀の傾向について

葬儀は大切な方が亡くなってしまッた時に送り出す儀式ですが、故人との最後のお別れとなりますので、家族、親族だけではなく、友人や会社の同僚など縁のある方が大勢集まります。そのため、広い会場の手配や料理を振る舞う必要があり、非常にコストがかかってしまう傾向にあります。葬儀の費用で最も高くなりがちなものは、献花やお菓子などのお供えものとなり、会場の広さによって、祭壇の大きさがかわるため、それに比例して費用が上がることになります。そのため、大勢の参列者が来る場合は会場を広くする必要があるためコストが上がっていくことになります。

最近では、家族、親族だけでしめやかに行う家族葬などの小規模な葬儀が広まりつつあり、コストがかからないことや参列者の方たちへの気遣いの必要がないといったメリットがあります。地方では親族が集まりやすい事や、新聞のお悔やみ欄で知り合いの方が亡くなったことを知るケースが多いことから、盛大な葬儀を行う傾向がありますが、都心部では、親族が集まりにくことや、訃報も人づてで知ることも多く、情報が回らないことから参列者が少ない傾向にあるため、小規模な葬儀が多く行なわれています。また、参列者がほんとどいないケースでは直葬という通夜や告別式をせずに、火葬のみを行うスタイルも注目されています。宗教観にとらわれない式を望む方や、故人が遺族に無駄な費用をかけてほしくないという意向の方などさまざまなケースで選択されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です