葬儀と告別式の流れの説明

by:

冠婚葬祭喪服葬儀・葬式

葬儀は、故人が無事に成仏出来る様に残された者達が読経や念仏の供養をする儀式であり、遺族や親族など極々親しい友人が出席します。告別式は、弔問客が焼香して故人と最後のお別れをする儀式であり、一般の弔問客が告別式に出席します。元々は、この2つの儀式は別々の儀式として行われてきましたが、最近では一連の流れで行われ、遺族や親族の焼香の後に引き続き告別式となるケースが増えています。葬儀や告別式の流れは、遺族や親族が先に会場に入り、黙礼して僧侶をお迎えして始まります。

浄土真宗には無い儀式ですが、俗に引導を渡すと言われる儀式が行われます。この引導を渡すと言う儀式は、読経に先立って死者を迷いから救い悟りの境地に導く為に棺の前で僧侶が、30分から40分程度お経を上げます。その間、遺族や親族、弔問客は、軽く頭を下げて静かに拝聴するのが一般的です。読経終了後に予め依頼していた方に弔辞を読んで貰い、タイムスケジュールに合わせて数通の弔電を紹介し、残りの方達は氏名のみの読み上げとなります。

最初に僧侶が焼香し、僧侶の指示に従って遺族、親族、弔問客と焼香を行ない、一同が起立をして合掌礼拝をして僧侶をお見送りし、閉会の辞で終了します。出棺は、祭壇から棺を下ろして頭を北に向けて置き、最後の対面を行ない棺に蓋をします。棺の蓋は、喪主から順に三途の川にある石を示す小石で釘を打つ釘打ちを行ない、親族の男性6人で霊柩車に載せるのが一般的です。しかし、地方の風習や宗旨宗派により、葬儀時の出棺の手順に大きな違いもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です