葬儀に参列するために知っておくべきマナー

悲報という物は予期する事なく突然飛び込んできます。もし急に葬儀に出席しなければならなくなった時でも、きちんとしたマナーで参列しなければいけません。そのために、知っておくべきことがあります。まず大切なのは服装です。

男性も女性も喪服を着用します。女性の場合はアクセサリーにも気をつけなければいけません。できるだけシンプルに着飾らないことが大事です。結婚指輪やパールの一連のネックレスのみを身につけます。

子供の服装は学生なら制服を着用するのがベストです。もし、制服がない場合は黒のワンピースや黒のズボンに白のシャツとベストといったものを用意します。次に必要なのは葬儀へ持っていくお香典です。金額は亡くなった方との関係でそう相場が決まるので、その都度違います。

お札は新札の場合は一度折り目をつけてから封入します。表書きは薄墨で記入するのがマナーです。袱紗への包み方は、結婚式等おめでたい時とは逆となるので気をつけなければいけません。葬儀中のマナーも大切です。

携帯電話などは音が鳴らないようにしておく事は基本中の基本です。受付が済んだら速やかに係りの人の指示に従って行動します。もし、小さな子供を連れて参列しなければならなかった場合、子供の様子を見て早めに辞去する事も大切なマナーです。故人を偲ぶ為にも、葬儀に参列する事はとても大切です。

突然な知らせで慌ててしまいますが、故人と家族のためにもマナーを守る事が厳粛に儀式を取り行う為には必要です。そして、自分もしっかりとお別れをし悔いの残らないようにする事が葬儀なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です