葬儀の大事な作業である遺体処理の種類

葬儀の大事な作業である遺体処理は、国によって大きな違いがあります。日本の医療機関等で死亡が確認された場合、直ちに看護師によりエンゼルケアやエンゼルメイクが施され、自宅や遺族の指定する場所に搬送されます。遺族の希望により、映画で知られる様になった納棺師の資格を持つ専門家によって薄化粧や死装束に着せ替えて棺にいれます。日本では、古くから仏教の影響を深く受けている為に、99%以上の遺体が荼毘に付されています。

又、日本の国土は狭く、海の近くまで山が迫っている為に、平坦な街道を確保する事が出来ず、狭い山道や険しい峠を越えなければ目的地に至る事が出来ず、遺体を遠隔地まで運ぶ事が出来無い地理上の問題もあります。その為に、一般的に死亡した土地で葬儀を行い、遺体を荼毘に付して来た慣習です。キリスト教信者の多い欧米では、ゾロアスター教の影響とも言われる聖書の最後の審判に見られる復活思想が根強くある為に、一般的に土葬が行われて来ています。それ故に、遺体からの伝染病蔓延を予防する為や遺体を長期保存する為にエンバーミング処理が施されています。

アメリカやカナダでは、90%以上の遺体にエンバーミング処理が施された後に、葬儀が行われています。有名なエンバーミング処理は、イタリアのカトリック教会の納骨堂に安置されている女の子の遺体とされ、世界一美しいと言われています。日本では、魂を霊璽などに移すので遺体は抜け殻という考え方をしますが、欧米や欧州などではミイラに見られる様に再生時に必要な器と考えている為に、遺体処理の違いがあるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です